女性スタッフ

ゴキブリ駆除は専門業者で確実に|恐るべきシロアリの恐怖

発生しないよう注意する

ウーマン

いろいろな種類がいる

シロアリはハチの仲間である一般的なありとは全く異なる種類の昆虫です。日本には22種類が生息していますが、そのうち建物に害を与えるのはヤマトシロアリとイエシロアリの2種類と外来種であるアメリカカンザイシロアリです。前者は地中に巣を作りそこから蟻道を伸ばして、近くの建物や木材に侵入します。ともに温暖多湿を好み乾燥を嫌います。ヤマトシロアリは湿って腐敗した木材を好むため、床下材に害を及ぼしますが雨漏りなどが起こっていると小屋組材が被害に合うこともあります。一方イエシロアリは水を運ぶ能力があり、乾燥した木材でも水に浸しながら食害していきますので被害が建物全体に及びます。加害速度が速く被害が深刻になってきます。

とにかく水にぬれないよう

シロアリの被害に共通するのは栄養分になっている木材、温度、水、酸素の4つが発生の条件ということです。建物に使われている木材にとって栄養分、温度、酸素は外すことはできません。水分については通常建物の木部は水にぬれないように作るものですが、いろいろなことが原因でぬれたり湿ったりしたときに、結果的にすべての条件がそろってしまい、被害が発生してしまいます。建物そのものに水がかからない作りにすることや、水がかかっても大丈夫なように防水、防湿を行うことが、シロアリ対策になります。それでも防げない水分、湿気が発生することがあるので、その場合は通気や換気で排出するといいでしょう。また土台に用いる木材に蟻道、腐食に強いものを選ぶことも有効になってきます。シロアリの被害に悩まされている方は、駆除業者に依頼するといいでしょう。一度、シロアリによる侵食が起こると、素人では食い止められないことがあります。そのため、専門的な知識と技術を持った業者に依頼することで、効率的に駆除を進めていくことができます。駆除料金が心配な方は、自宅まで無料査定に来てもらうといいでしょう。業者が自宅まで来て被害状況を確認し、どのくらいの規模の駆除になるのかを判断してくれます。